過去のピックアップ

MICHIYOSHIニュース

ピックアップの一覧です。

2016/11/26

【ぜひシェア・拡散お願いします‼️】

【ぜひシェア・拡散お願いします‼️

昨日、将来年金3割カット法案が安倍政権により強行採決されました。

写真は11月1日の私から安倍総理大臣への代表質問。

代表質問から昨日までの質疑でむしろ疑念や懸念は拡大し、それにフタをするような強行採決でした。

昨日、井坂信彦議員とともに安倍総理大臣に質問しましたが、安倍総理大臣は質問に無関係なことばかり答え、その上、質疑がかみあわない、と。

きいたことに答えないのですから、かみあわないのは当たり前。

以下に、私から質疑した法案の問題点を列挙しましたが、国民からの不安や疑念に答えない安倍総理大臣の姿勢には、今と未来の年金受給者に誠実に向き合おうとする姿勢は皆無でした。

問題点は、質疑時間が従来は30時間は確保されてきたのが20時間にも満たず強行採決に至った点、

年金カット法案による今と未来の年金受給者への影響額試算を安倍政権が一切出してこなかった点、出してきた試算は、安倍総理大臣自身が、私への答弁で
「ありえない」
と認めた今後100年間物価上昇を上回る賃金上昇が実現する、「スーパーバラ色試算」で、
我々が過去の経済実態から示した財政検証ケースGやケースHのような「リアル試算」に基づく対策には一切向き合わなかった点、

そもそも政府は将来年金水準確保法案というが、この年金カット法案で確保する年金水準では、年金制度は守れても、年金生活者は守れない点、

つまり現在900万人ともされる生活保護水準以下の貧困高齢者、また生活保護受給者が、年金カット法案強行で急増するにも関わらず、何ら最低生活保障が担保されない点、

また法案強行による貧困高齢者増加試算も行わず、

年金カットに加えて、医療介護など安倍政権が進める負担増による「ダブルパンチ」の影響もパッケージで影響額試算し、対策講ずべきとの我々の提案も無視した点、

そもそも我々団塊ジュニア世代が受給する段階で国民年金の所得代替率30%カットされ、100年安心どころか明日から暮らしていけなくなる将来年金受給者が続出する点、

だからこそ年金制度抜本改革を我々から提案するも、安倍政権が全くやるつもりがない点、

など多々あり、NHK世論調査でも年金カット法案反対が賛成の5倍も多い中、
民意を完全無視する形で強行採決がなされた点です。

昨日のあらゆるニュースで取り上げられていますが、報道ステーションを以下にアップします。

http://news.tv-asahi.co.jp/…/news_p…/articles/000088685.html


2016/11/24

【国会質問160回目】11/25金)柚木みちよしが通算160回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問160回目】11/25金)柚木みちよしが通算160回目となる国会質疑に立ちます!
 
▼「年金カット法案」について下記の内容を安倍総理に質問します
 
◉この法案が、国民の支持、理解を得られていると考えるか
 
◉安倍総理は11月1日衆議院本会議での私の質問への答弁で、必要な試算は出させる、と答弁したにも関わらず、試算を出させないまま今日を迎えている。なぜか。
 
◉この法案が成立すれば、将来年金確保どころか、将来年金1割カットになり、いまと未来の年金受給者の生活は成り立たなくなると多くの専門家も指摘している。
安倍総理は、何を根拠に「将来年金確保法案」と言うことができるのか。
 
◉質疑を通じて、いまと未来の年金受給者の「基礎的消費支出」すら確保できなくなる事態が明らかになった。その上、この法案が成立すれば、ますます「貧困高齢者」や「生活保護世帯」が増えると専門家からも懸念されている。
安倍総理がいわれる「将来年金確保」で、具体的に、どれだけの貧困高齢者が減り、生活保護世帯が減るのか。
 
◉この法案の影響で増える低年金者対策の具体策は?医療、介護でも負担増メニューの検討が安倍政権で進んでいるが、年金カットとその他医療介護などの負担増もセットで影響を試算し、対策を講ずるべきだが、具体策はあるか。
 
◉将来世代が暮らしていけるだけの年金水準を確保するための「抜本対策」を。
 
 
衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時 11/25(金)13:35~14:11前後 衆議院厚生労働委員会
2016/11/18

柚木みちよし衆議院議員【TV出演情報】TBS あさチャン!サタデー 11/19(土)

柚木みちよし衆議院議員【TV出演情報】
TBS あさチャン!サタデー
【RSK・11/19(土)AM5:30~放送】
『将来年金3割カット法案』インタビューに出演予定
(AM6:29~6:39頃)。
是非ご覧ください。
2016/11/17

【国会質問159回目】11/18(金)柚木みちよしが通算159回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問159回目】11/18(金)柚木みちよしが通算159回目となる国会質疑に立ちます!

質疑内容は、
▼「年金カット法案」について

衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時 11/18(金)9:00~9:30前後 衆議院厚生労働委員会

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php


2016/11/15

【国会質問158回目】11/16(水)柚木みちよしが通算158回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問158回目】11/16(水)柚木みちよしが通算158回目となる国会質疑に立ちます!
 
質疑内容は、
▼「年金カット法案」について
 
衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時 11/16(水)10:15~11:00前後 衆議院厚生労働委員会
 
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
2016/10/31

【国会質問157回目】11-1(火)柚木みちよしが通算157回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問157回目】11-1(火)柚木みちよしが通算157回目となる国会質疑に立ちます!
 
質疑内容は、
▼「年金カット法案」について
 
衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時 11/1(火)13:30~13:45前後 衆議院本会議
 

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php


2016/10/26

【国会質問156回目】10/26(水)柚木みちよしが通算156回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問156回目】10/26(水)柚木みちよしが通算156回目となる国会質疑に立ちます!

質疑内容は、
1、年金の受給資格を25年から10年に短縮する「無年金者救済法案」について
2、「年金カット法案」と「無年金者救済法案」が関連する内容について

衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時 10/26(水)10:05~10:35 衆議院厚生労働委員会 
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

 


2016/10/21

【国会質問155回目】10/21(金)柚木みちよしが通算155回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問155回目】10/21(金)柚木みちよしが通算155回目となる国会質疑に立ちます!
▼本日の質問項目
1 政府・与党の都合で委員会審議が1時間後回しになったことへの抗議
2 年金法案の委員会審議の進め方について:「年金カット法案」と「無年金者救済
法案」を別々に審議すべきだ。
3 政府の年金試算の問題点:「新ルールで7%5000円アップ」と誤解される厚労省
回答。
4 医療・介護の費用負担アップの様々なメニューが提示される中、基礎年金が生活
の最低保障を行えないものになっている問題点

衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時 10/21(金)11:15~11:50 衆議院厚生労働委員会

2016/10/19

本日、衆議院厚生労働委員会が、採決でなく、質疑の前段の大臣所信表明を「強行採決」ならぬ「強行開催」する前代未聞の事態が起こりました。

本日、衆議院厚生労働委員会が、採決でなく、質疑の前段の大臣所信表明を「強行採決」ならぬ「強行開催」する前代未聞の事態が起こりました。

http://www.fnn-news.com/…/headli…/articles/CONN00339431.html

私たちは、安倍政権が強行しようとしている「年金カット法案」が年金受給者や将来の年金受給者にどれだけの影響が出るかを独自に試算し、10年間で5.2%減額、国民年金で年間40,000円減額、厚生年金で14万2,000円減額の試算を提示したのに対し、
政府から減額幅は過小、増額幅は今回の年金カット法案の影響とは全く無関係なあり得ない増額試算を出し(毎年未来永久に賃金上昇する年金額アップ試算で、さすがにこれはあり得ない試算と厚生労働省も認めた)試算提示に猛抗議し、
今回の嘘の試算を撤回し、まともな現実的な試算を再提示した上で、なおかつ全国60万人超の無年金者救済法案を年金カット法案と切り離して先行審議
(安倍政権は年金救済法案を人質にカット法案と抱き合わせ審議を要求)
することを求めました。

安倍政権は、いまの、また将来の年金受給者に対し、あまりに無責任です。

我々は、審議拒否はしません。
嘘でない、正しい年金減額試算を安倍政権に提示させ、老後の生活が成り立つ年金制度と、将来世代に持続可能な年金制度が成り立つことの両立を、政府与党以上に真剣に国会審議を通じて提案していきます。

その大前提となる正しい試算提示を安倍政権が示さず、むしろ現実にあり得ないとなる厚生労働省が認めるような国民を騙すような試算(毎年2,000円減額されても、将来は5,000円増額)の撤回と正しい試算の再提示を、審議入り前に示すよう強く求めています。


2016/10/13

【国民の老後の最大の生活保障である年金を守るため、ぜひ皆さまシェア・拡散をお願いします‼︎】

【国民の老後の最大の生活保障である年金を守るため、ぜひ皆さまシェア・拡散をお願いします‼︎

私が野党筆頭理事を務める衆議院厚生労働委員会にて、安倍政権が強行しようとしている「年金カット法案」の審議入りを前提とする委員会審議は認められないとして、明日の厚生労働委員会理事懇談会が延期となりました。

本日の衆議院予算委員会での玉木雄一郎議員の試算では、
安倍政権が強行しようとしている年金カット法案が実施された場合、
国民年金で年額40,000円減額、
厚生年金で年額14万2,000円もの減額
になってしまいます‼️

今日の衆議院予算委員会や、これまでの予算委員会での、
民進党の井坂信彦議員や、玉木雄一郎議員が示した年金減額試算への回答も政府与党が示さない状況で、
到底厚生労働大臣の所信表明やそれを踏まえた質疑が行えない旨を、
私から与党筆頭理事に伝えた結果、厚生労働委員会審議入りが延期になりました。

明日以降も、政府与党側から、試算が提示されないのであれば、
国民の老後の最大の生活保障である年金カット法案の審議入りは何としても阻止しなくてはなりません。
毎日新聞記事HP
http://mainichi.jp/articles/20161013/k00/00m/010/083000c
 


11~20件(全240件)

Facebook